知っておこう!リフォームでアンテナ工事をおこなう際に

リフォームをするうえで

受診アンテナの設置に関して

テレビを受信するためのアンテナ工事ですが、戸建住宅の場合、屋根かベランダに設置をするのが一般的になります。
この設置をおこなう際には、ただ何となくベランダや屋根に置けばよいわけでは決してなく、デジタル放送の電波を送信しているいわゆる「送信所」の方向に向けて設置することがポイントです。
送信所は全国各地にありますが、どこの送信所に向ければよいのかと言いますと、自宅の最寄りの送信所になります。

とはいえこれは、地上波放送という一般的なテレビ放送を受診したい場合の設置方法であり、衛生放送の場合には、また異なります。
BSやスカパーなど、いわゆる衛星放送の場合ですと、送信所の電波ではなく、衛星からの電波を受信する必要があるのです。

電波がうまく受診できない時に

地上デジタル放送、いわゆる地デジの放送が開始されたことにより、UHFアンテナというアンテナさえあれば、基本的にはデジタル放送を受診することが可能で、ご家庭でテレビ放送を楽しむことができるようになりました。
とはいえ、これは全ての家庭に当てはまるわけではなく、地域や住宅がある場所によっては、電波の受診が弱く、UHFアンテナのみですと、上手に受診することができない場合もあるのです。

それではどうするのかと言いますと、UHFアンテナと合わせて、電波障害に対応しているアンテナやブースターの取り付けをおこなうことで、問題を解消することができます。
ですから、アンテナ工事を行う際には、ご家庭の状況に合わせてになるという可能性もあるため、その点を踏まえておきましょう。