知っておこう!リフォームでアンテナ工事をおこなう際に

どのくらいの費用がかかるの?

費用の相場を知ろう

アンテナ工事の費用として必要となる金額ですが、依頼する業者によって違いはあるものの、基本的なアンテナ設置ですと3万円以内でおさまる場合がほとんどのようです。
安い場合ですと、1万円から1万5千円程度で済む場合もありますので、金銭的な負担はさほどないと言えるでしょう。
UHFアンテナの場合は、屋根に取り付けるのか、それともベランダに設置するかによって、金額に多少違いが出てくるようです。
一般的には屋根の上に設置するタイプの方が、金額が多少上がる傾向にはあるようですが、ご家庭の状況に合わせてよく受診できる場所に設置する必要があるので、この辺は必要経費かもしれませんね。

また、上手く電波を受診することができれば、金銭的な負担はこれで終わりなのですが、万一ブースターなどが必要となった際には、その分追加で料金がかかりますので、そこを覚えておく必要があるでしょう。

本当に工事が必要なのか?

アンテナに思わぬトラブルが発生した際に必要となるアンテナ工事ですが、出来ることなら費用を安く抑えたいと思うのが実情ですよね。
費用を安く抑えることができれば、その分別の箇所のリフォーム費用に充てられたりもしますので、賢く節約したいものです。

費用を節約するうえで、まずは、そもそも本当にアンテナ工事が必要な状況なのかどうかを確かめる必要があるでしょう。
突然テレビが映らなくなった際に、もしかしてアンテナに何か不具合が生じたのかもと考えがちですが、意外と原因は違うところにあるケースも少なくありません。

例えば、ブースターの電源が抜けてしまっていたり、B-CASカードがきちんと差し込まれていなかったり、他にもそもそも配線が外れてしまっている場合などもあります。
このような時は、きちんと直せばアンテナ工事自体必要ないため、まずは落ち着いて工事の有無を見極める必要があるでしょう。